ピースワンコ・ジャパンは広島県に拠点を持ち、殺処分される犬を救う取り組みを展開しています。2013年に広島県動物愛護センターからの引き取りに着手し、2016年には殺処分対象犬の全頭引き取りをスタート。以降、県内の殺処分ゼロを実現している団体です。
ピースワンコ・ジャパンは愛護センターから引きとった犬を所有する保護犬施設で飼育し、健康面のケアや人に慣れるためのトレーニングなどを展開。適切な治療やトレーニングを終えた犬は、ピースワンコ・ジャパンが日本各地に展開している譲渡センターや譲渡会イベントなどで終生飼養を前提に里親希望者へと引き渡しています。

譲渡センターは拠点となっている広島の他にも岡山・福島・東京・神奈川など7か所に展開。かなりの規模で犬の保護活動を行っている団体だといえます。
また、犬の保護・譲渡活動と併せてピースワンコ・ジャパンでは災害救助犬やセラピー犬の育成も手掛けています。

■ピースワンコ・ジャパンへ寄付するには
ピースワンコ・ジャパンでは様々な形で寄付できる体制が整えられています。
まず、単発の寄付では、クレジットカードや郵便振り込み、銀行振り込みなどによって好きなタイミング・好きな金額を寄付することができます(クレジットカードの場合は1,000円単位)。この他遺贈寄付やオンラインショップ運営会社と提携したショッピング寄付、寄付込の商品を買うことで一部が寄付にあてられるフェアトレードがあります。

継続的な寄付では、月額1,000円から活動を支援する「ワンだふるサポーター」と、高齢や病気などの理由により引き取り手に恵まれない保護犬を支援する「ワンだふるファミリー」の制度があります。「ワンだふるファミリー」は、犬を家族として支える会員制度で、一口3,000円。家族となると、手紙が届いたり犬の日常を知ることができたり写真がもらえたりする特典もあるようです。犬に対して寄付を送ることができるので、気に入った犬を遠方から支えられる制度として面白い取り組みといえるのではないでしょうか。

ピースワンコ・ジャパンではこの他、拠点がある広島県神石高原との協力により、ふるさと納税で支援することもできます。返礼品には神石高原産の野菜やスイーツ、ピースワンコ・ジャパンの保護シェルターや譲渡センターを周るツアーなどがあります。また、佐賀の伝統芸能で作られたワンコの人形もありますが、手作りのため限定50体な上人気が高く、すぐに品切れとなってしまうようです。

管理人おすすめページ→→→『ピースワンコ・ジャパン』の無料支援にご協力ください!|gooddo(グッドゥ)