「寄付」と一言に言っても、その種類は様々。寄付の種類や寄付先の団体によっては、税制優遇が受けられないものもあるので注意する必要があります。
寄付先の団体ごとによって異なるので、初めて寄付する人の中には「何を選んだらいいのか分からない」という人も多いのではないでしょうか。
ここでは、寄付の種類や選び方について紹介していきます。

■寄付先の団体
寄付を募っている団体には様々な種類があります。おそらくすぐにイメージしやすいのはNPOやNGOと呼ばれる団体かと思いますが、それ以外にも地方公共団体や国、学校などが受け入れているケースもあります。もっと規模が小さくなると、サークルや町内会といった任意団体もある他、家族・個人などが募っているケースもあります。

ここで、もしも寄付金控除などの優遇を受けたいと考えているのであれば、寄付する団体の法人格に注目する必要があります。

・公益社団法人/公益財団法人
・国立大学法人/効率大学法人
・学校法人(一部)
・社会福祉法人
・認定NPO法人
など。

税制優遇の対象となるのは上記に挙げられるような特定の法人のみ。その他の一般財団法人や普通のNPO法人、任意団体などは対象にならないので、寄付先がどの種類の団体なのかはチェックした方がよいでしょう。

■寄付の種類
団体によって金額や細かい部分は変わってきますが、大きく分けて寄付には「単発」と「継続」の2つの種類があります。

単発の寄付とは5,000円や10,000円など、一度きりの寄付のことを言います。金額については一口いくらとなっている場合や、下限がある場合、任意で金額を決められる場合など様々です。他にも遺贈寄付や相続財産の寄付なども単発の寄付に含まれます。

それに対して継続的な寄付もあります。毎月や毎年の区分で定期的に寄付を行う継続的な寄付は、「サポーター会員」、「マンスリーサポーター」などと呼ばれ、継続して活動を支援することができます。

■支払い方法
団体へ寄付する場合、最もメジャーなのはクレジットカートや銀行振り込みなどです。クレジットカードはサイト内だけで簡単に寄付することができる手軽さが人気です。サポーター会員などの場合は口座引き落としも活用できるので一層手間なく活動を支援することができます。

この他にも近年はTポイント、楽天ポイントといったポイントによる寄付や、仮想通貨による寄付なども可能に。支援したい団体を見つけて、最も自身の負担にならない形での寄付を選択することが大切でしょう。

これからは寄付を募っている団体をいくつかピックアップしてご紹介していこうと思います!